nekohirokoroom335の日記

何がなんでも楽しく生きるって決めたのだ。

博論が書けない

博論を書くには「書くしかない」「やるしかない」と思うことが大事なのだが

確かに私は暇なのかもしれない。暇すぎてブログを書いて現実逃避しているのかも。

他にもTwitterみたり、ツイキャスみたり、ラインしたり、SNSとか配信サイトを1日7~8時間は見ていることが分かった。確かに布団の中にくるまって、1日中スマホつけっぱなしの日が多い。

だからSNSツイキャスの使用時間をそれぞれ1日1時間まで制限することにした。

これでどうしても外界と接触せざるを得なくなる。

ツイキャス見れないからお散歩しようとか、Twitterに書き込めないからブツブツネットに書き込みしてないでさっさと博論書こうとか、そういうリアルな世界で行動を起こすことに繋がると思った。でもね・・・本当に行動に移せるのかなぁ・・・。

--

こんなの不登校時代(中学生)の時もあったなー

学校に行けないから家でインターネットやるしかなくて、一日中やるもんだから親にPCのパスワードかけられて大変だった。

でも使用制限かけられると学校に行けるようになるかといったらそうでもなく、1日中家の天井を見つめていた記憶がある。あの時発狂しそうだった。ド田舎だったので昼間に散歩しただけでも「不登校の子だ!」と周囲の人に指をさされる。だから家にいるしかなかった。保健室登校とかたまにしてたけど、根本的にパソコンを使わないようにしたからといって、外界の世界に目を向けたり、人と関わるようになったかと言えば答えはNOだと思う。

 

最近、不登校時代のつらい記憶が夢に出てきたり悪夢を見る回数が増えてきたのは、今の生活環境がその当時と似ているからかもしれない。

 

でも私は不登校から抜け出さなければならない。

いつまでも守られた世界でぬくぬくと生活はできない。

ゆっくりでいいから、中学生を卒業して、大人にならなきゃね。

 

そう。私はゆっくりだけど、前に進むしかない。

ってことで、もうちょいしたら論文を読み込む作業します。

あと身体を動かすことも心がけてみますね。

 

じゃあまた。これもパソコン上のスクリーンタイムでいうとかなり時間数が多い作業ですのでいったんまた。また書きます。